MENU

基礎中の基礎!WiMAXってどんなもの?

今やインターネットは生活には欠かせない、必需品になっています。
しかし、カタカナや英語が飛び交っていて、何が何だかわからない。そんな方向けに、インターネットの基礎から説明します。

 

まず、インターネットに接続するためには、インターネットの電波をキャッチするアンテナのようなものが必要になります。この「アンテナ」でキャッチした電波をインターネットを必要としている機械へと供給しています。WiMAXはこの「アンテナ」の役割を果たしてくれます。

 

この「アンテナ」には、大きく分けて2つのタイプがあります。一つ目が、電話回線を利用して使用する有線タイプ。二つ目が、線につながなくてもどこでも使える無線のタイプです。
有線のタイプの例としては、「光回線」や、現在はあまり主流ではありませんが「ADSL」などがあります。「WiMAX」は、後者の無線のタイプに当てはまります。そのため、WiMAXを持っていれば、どこにいてもタブレットやパソコンを使ってインターネットを使うことができるのです。

 

家の中に光回線を通して、Wi−fiという形で電波を飛ばすこともできますが、これは、あくまでも家の中でしか使用することはできません。WiMAXはどこにいても電波が飛んでいる場所であれば、受け取ることができます。しかし、電波を受け取る能力や、電波の安定感は、光回線の方が良いです。
このように、一長一短があるので、自分の使用方法にあった形を選ぶことが大事なのです。